ホーム
 
ウェブサイトの特徴
 ★このウェブサイトは,右図のような三次元地盤モデル(サーフェスモデル)を推定する 全ての機能 を備えています。
  その特徴は,
  ① 「堆積面」と「浸食・堆積面」で構成される,10層までのサーフェスモデルを推定し,形状データの保存ができます。
  ② ボーリング交換用データ(XML)の「<地層岩体区分>タグ」に,「地層記号」が登録されている場合は,孔口位置の
    平面直角座標と,各地層の上面標高などを自動的に計算して,「Terramod_BS」用の入力データを作成します。
  ③ 日本情報地質学会から公開されている「Terramod_BS」を,平面直角座標系で使用できるように改造しました。
  ④ 国土地理院のウェブサイトから,DEMデータを直接取得するので,正確な地表面形状をモデル化できます。
    ⇒ 取得した標高データは,報告書に記載した「テクスチャモデル」のワイヤーフレームモデルとしても利用できます。
  ⑤ 「OCU GeoModeller」の改造により,ネット環境でサーフェスモデル(形状データ)を推定します。 
    ⇒ 出力のデータ形式は「3D-DXF」です。 汎用の3D-CADを利用して,加工などの二次処理が可能です。
      また,一部のCADでは,「3D-PDF」への変換が可能なので,プレゼンテーション用には極めて便利です。
  ⑥ サーフェスモデルの任意断面を,パネルダイアグラム(イメージ)として出力します。
    ⇒ パネル(イメージ)は,報告書に記載した「准三次元断面図」のテクスチャとして利用することができます。
  ⑦ 本ウェブサイトでは,サーフェスモデルを推定するために必要な,データファイルの全てを作成することができます。
    ⇒ 原則として,テキスト編集やEXCEL など,他の処理プログラムを必要としません。
  ⑧ 三次元モデルのうち,ボーリングモデル,テクスチャモデル,準三次元断面図・パネルダイアグラムを三次元表示
   できるビューアプログラムも提供しています(サーフェスモデルは,市販の3D-DXFビューアを使用してください)。
 ★電子納品を支援するとともに,電子成果品の二次利用を支援するウェブサイトも併設しています。
 
このサイトについて
 一般社団法人 全国地質調査業協会連合会(全地連:JGCA)は,平成26年8月から約2箇年,一般財団法人 日本建設情報総合センター(JACIC)の助成を受けて,『CIMに対応するための地盤情報共有基盤ならびに三次元地盤データモデル標準の検討』と称する研究活動を行いました。
 研究は,三次元地盤モデル作成の基となる地盤情報の管理と公開を支援する情報共有基盤の開発 と
       CIMで活用可能な三次元地盤データモデルの標準化とサーフェスジオモデラーの開発
から構成されており,検討あるいは開発した成果については,全てこのウェブサイトで公開しています。                  ⇒ 詳しくはここをクリックして下さい。
更新履歴・ご注意
★2017年01月15日: 三次元地盤モデルのデモ に,垂直切断面を自由に移動できる機能を公開しました。 三次元地盤モデルのデモ に空洞カメラの表示機能を付与しました。
★2017年01月05日:(1)地層境界面の形状推定用入力データの作成で,当該地層が存在しない場合の計算方法を変更しました。 ⇒ ここを参照ください。
★2016年12月08日: 三次元地盤モデルのデモ に,地中レーダ探査による複数の解析断面図群の表示例を掲載しました。
★2016年11月25日:(7)三次元地盤モデルピューアプログラム(マニュアル含)を公開しました。
★本サイトで作成したテキストデータの保存方法についての説明をここに記載してあります。 「Internet Explorer 11」を使用している場合は必ずご覧下さい。