「CIM対応三次元地盤モデル構築」デモサイト
 > ホーム
     三次元地盤モデルを推定するために二次利用したボーリングデータの閲覧(地図検索)
     浅層地盤の三次元モデル
モデル名称 サーフェスモデル その他の三次元地盤モデル
サーフェスモデル01 3D-PDF WebGL 同パネルダイアグラム1
      同パネルダイアグラム2
WebGL(パネルダイアグラム1)[垂直切断面]
WebGL(パネルダイアグラム2)[垂直切断面]
凸状地盤 3D-PDF WebGL
凹状地盤 3D-PDF WebGL
高架橋基礎 3D-PDF (Z軸は5倍に設定) WebGL
橋梁基礎 3D-PDF WebGL
構造物基礎 WebGL  同杭長不足モデル WebGL[垂直切断面]
河川堤防 WebGL(地質断面図)
WebGL(緩み領域
トンネル VRML(総合地質解釈断面図)
ダム[堤体] WebGL(テクスチャモデル)
マイクロゾーニング WebGL 同洪積層上面 VRML WebGL(洪積層上面)[垂直切断面]
地中レーダ探査 WebGL(断面図群) WebGL(断面図群)[垂直切断面]
ボアホールTV VRML
CIM用サンプル WebGL VRML
地図メッシュ-2465 WebGL(2465) VRML(2465) WebGL(2465)[垂直切断面]
地図メッシュ-2474 WebGL(2474) VRML(2474 WebGL(2474)[垂直切断面]
地図メッシュ-2475 WebGL(2475) VRML(2475) WebGL(2475)[垂直切断面]
地図メッシュ-2485 WebGL(2485) VRML(2485) WebGL(2485)[垂直切断面]
VR体験 WebGL(空洞1) 空洞2 空洞3 空洞4 空洞5 空洞6
ご注意
1. 3D-PDF : 最新のAcrobat Reader を使用してください。
 ☆動作がぎこちない場合は,一旦ダウンロードし,改めて Acrobat Readerで読み込んでください。 ☆64bitのパソコンの使用をお勧めします。
2. WebGL : 最新のブラウザを使用してください。 プラグインは必要ありません。
3. VRML : 専用のプラグインが必要です。Cortona-3D-Viewer をお勧めします。
4. 説明用資料(初期段階)がここにあります
最終更新 : 2017年4月16日
本ウェブサイトは,一般社団法人 全国地質調査業協会連合会「CIM対応3D地盤モデル検討委員会」の活動において,構築した三次元地盤モデル(試作版)を公開するために開設されました。
ウェブ公開にあたっては,特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構が全面的に協力しています。
公開している地盤情報は「こうち地盤情報公開サイト」で二次利用許諾付きで公開されているボーリング交換用データ,二次元地質断面図の各実データとメタデータを利用しています。